facebook

5 LOUISE SQUARE × 江戸木版画 (東京) 

青山・表参道エリア 5 LOUISE SQUARE

「日本を贈る」をテーマにデザイン・素材・モノづくりにこだわった品々を集めたセレクトショップ

世界に誇れる、日本古来の繊細な技…各地の伝統工芸品やついつい手に取りたくなる和紙・陶器・染物など素敵なMADE IN JAPANの品を集めました。日本各地の職人が手仕事で制作する、芸術的な商品の数々、つくり手とお客様を繋ぎたい・・・そんな想いからルイーズスクエアは誕生しました。「本当に良い品を、愛でながら使いつづける。」現代はこのような考え方が一般的ではなくなりつつあります。特別な1点との出逢いは、そんな生活に新たな価値もたらしてくれます。贈り物を届ける。
それは心を届けることです。想いを込めて選んだ品は、人の心に残ります。ルイーズスクエアでは想いを込めるにふさわしい品々を、自信と誇りを持ってお届けいたします。皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

SHOP DATA

107-0061
東京都港区北青山3-11-7 AOビル2F
tel.03-6450-6483
営業時間:11:00~20:00
定休日 期間中無休

google map >> WEBSITE >>

伝統的工芸品の基礎知識

江戸木版画えどもくはんが/EDOMOKUHANGA

江戸木版画は、墨一色の版画の上に色を筆で彩色していくようになり、これらは丹絵、紅絵、漆絵として進歩してきましたが、色を板木で摺る工夫がなされ、二、三色の色摺版画(紅摺絵)ができました。さらに、明和2年(1765 年)には、金や銀まで摺り込み、中間色も木版で刷り上げることができるようになり、多色摺りのスタイルが確立されました。 江戸木版画の製造の技術・技法は江戸時代に確立し、その技術・技法は改良を重ねながら発展して今日まで継承され、東京都を中心として伝統的に製造されています。

工芸品について詳しく知る>>

MENU

CLOSE