• facebook

かぐれ東急プラザ銀座 × 喜如嘉の芭蕉布

土から手をかけ染め織る~芭蕉布とは~

芭蕉布の歴史や、今も尚受け継がれる、気の遠くなるような工程を経てうみだされる染織物をご紹介します。
現代の方に親しんで頂けるよう作られた小物や、一点一点作家さんの手によって作られた芭蕉布を使ってのテディ-ベアなどなかなか目にできない希少なものばかりです。
手数がかかるからからこそ、織り上げられた芭蕉布には比類ない力強さと気品を感じます。
ぜひ間近に見て、手に取り実感してください。

32COLLABORATION

喜如嘉の芭蕉布

喜如嘉の芭蕉布 喜如嘉芭蕉布事業協同組合

工芸品について詳しく知る>>

芭蕉布は、13世紀頃にはすでに作られていたと考えられますが、人々の間に広まったのは近世になってからのことです。
家の庭や畑に芭蕉の木を植え、主婦や娘たちが自家用の布を織っていました。19世紀に入ると絹や綿が出回るようになりましたが、あいかわらず芭蕉布は人々に親しまれていました。この伝統を受けついでいる喜如嘉の芭蕉布は、昭和49年に国指定の重要無形文化財の総合指定を受けています。

東京エリアかぐれ東急プラザ銀座

かぐれとは万葉集に登場する言葉「寄り集まる」の意

ライフスタイルを提案するお店として、いのちと暮らしの尊さに共鳴する場所でありたい。
自然と調和した心地よい暮らしを求めてたくさんの人が、思いが、知恵が、ものが、集まってほしい。
そんな願いを込めました。

SHOP DATA

104-0061
東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ銀座6F
tel.03-6264-5210
fax.03-6264-5210
営業時間:11:00~21:00
定休日 期間中無休

google map >> WEBSITE >>