• facebook

Fuligoshed × 高岡漆器

青貝塗のジュエリーと、日々の器。

アワビ貝の下に重ねる色によって、半貴石のようなバリエーションが生まれる青貝塗の螺鈿はジュエリーに。ほっこりと木目を楽しむなら、漆をあえて薄く塗って豆皿に。飲み物を注げば底から立体的に浮かび上がる漆はクリスタルグラスで。七変化する漆の美しさをお見せします。

46COLLABORATION

高岡漆器

高岡漆器 伝統工芸高岡漆器協同組合

工芸品について詳しく知る>>

高岡漆器は、江戸時代の初めに、加賀藩の藩主前田利長が、現在の富山県高岡市に高岡城を築いたとき、武具や箪笥、膳等日常生活品を作らせたのが始まりです。
その後、中国から堆朱(ついしゅ)、堆黒(ついこく)等の技法が伝えられ、多彩な色漆を使って立体感を出していく彫刻塗、錆絵(さびえ)、螺鈿(らでん)、存星(ぞんせい)等多彩な技術が生み出されました。高岡漆器が、町人文化の中にしっかりと根づき栄えてきたことは、高岡の祭で使われる絢爛豪華な御車山(みくるまやま)にこれら漆器の技が集められていたことからもうかがえます。

名古屋エリアFuligoshed

個性を引き立てる、 作家ものアクセサリー。

個人で活躍するジュエリー作家を中心にクラシカルなデザインから現代的なアートジュエリーまで、日常の装いにアクセントを添えるアクセサリーをセレクト。ブライダルリングやジュエリーと調和する時計も取り揃えています。

SHOP DATA

460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-19-5 BUILD ZERO 2F
tel.052-265-6500
fax.052-265-6500
営業時間:12:00~20:00
定休日 無休

google map >> WEBSITE >>