• facebook

The ONOE FURNITURE × 津軽塗

JAPAN  ~漆の世界~

高価な工芸品、器というイメージがある漆工芸品。それは見た目と価格だけを見ているに過ぎないからです。
その中でも、通称『馬鹿塗』といわれる青森県 津軽塗は工程が多く、塗っては研磨し、を幾度も重ねる逸品。
約48もある工程、稀少になる国産漆・栃などの木地等の材料などをその価値は間違いありません。
しかし、津軽塗のイシオカ工芸と大阪のThe ONOE FURNITUREとで少しずつでも、漆を 津軽塗を知っていただく為、創意工夫をし
お手頃な豆皿を中心にご案内させていただきます。
今からはじまる漆の世界へ

68COLLABORATION

津軽塗

津軽塗 青森県漆器協同組合連合会

工芸品について詳しく知る>>

津軽塗の始まりは、江戸時代初期に遡ります。津軽藩の藩主にめしかかえられた、漆器作りの職人が始めたと伝えられています。
津軽塗が産業として形を整えたのは、明治時代初頭で、江戸時代に積み重ねられた伝統技術を土台にして発展しました。その後も多くの工人たちが創意工夫を凝らし、技術を磨き、今日の津軽塗を築き上げました。

大阪・神戸エリアThe ONOE FURNITURE

創業1924年 大阪の老舗ファニチャーショップ

1924年の創業より、家具販売一筋のオノエ家具 2012年に新しくThe ONOE FURNITUREとなり色々な角度からお客様に家具を見ていただき、1つ1つの家具が主役になれるギャラリーのような売り場を目指しております。カジュアルからモダン、さらにはトラディショナルなものまで幅広い品揃えで展開。伝統産業とさらなるコラボを楽しんでください。

SHOP DATA

5500015
大阪市西区南堀江3-3-8
tel.06-6543-4141
fax.06-6531-4109
営業時間:月~金10:00~19:00 土日祝10:00~19:30
定休日 期間中無休 年末年始

google map >> WEBSITE >>