• facebook

tea room mahisa × 尾張七宝

恋は水色、七宝焼に爽やかな新しい風を

七宝焼の魅力は、金属の上に乗った釉薬の透明感。吸い込まれそうに味わい深く、眺めて
も眺めても飽きる事が無い。200年の歴史を持つ安藤七宝店には、古くから伝わる意匠が
あり、今も若い職人によって受け継がれている。今回のコラボでは、tea room mahisaの
スコーンや焼菓子に似合うよう、敢えてシンプルでPOPなデザインを目指した。毎日のお
やつの時間が、神戸の潮風が吹き抜けるような楽しい時間になりますように。
デザイン、ライティング:KONISHI,MITSURU

73COLLABORATION

尾張七宝

尾張七宝 名古屋七宝協同組合

工芸品について詳しく知る>>

尾張七宝の起こりは、江戸時代後期に、現在の名古屋市を中心とした地域にあたる尾張の梶常吉(かじつねきち)が作ったのが始まりとされ、常吉によって技術・技法が確立されました。
尾張七宝として確認できる作品としては、天保4年(1833年)の梶常吉作による七宝ぐい呑みが最も古いものとされています。

大阪・神戸エリアtea room mahisa 元町店

『高級感』よりも『良質』な日々の生活を。

1987年に紅茶専門店としてオープン。
私たちの日本の器を使った、シンプルでわかりやすくて楽しめる紅茶。
日常の中に少しの驚きをもたらし、飽きずに普段使いできることを目標に、
『高級感』よりも『良質』な紅茶を提供しています。

SHOP DATA

6500021
兵庫県神戸市中央区三ノ宮町3-2-2 伊藤ビル2F
tel.078-332-7590
fax.078-332-7590
営業時間:11:30~20:00
定休日 期間中無休

google map >> WEBSITE >>